よくある質問|岡山県立記録資料館

岡山県立記録資料館によく寄せられる質問をまとめました。
わからない事がありましたら、ご質問ください。

よくある質問

所蔵資料について

Q1どのような資料を所蔵していますか。概要が知りたいです。

A1公文書と古文書、複製資料、図書を所蔵しています。

公文書は岡山県で作成、受領した行政関係資料で、紙の文書以外にも、写真やフィルム、地図等があります。

完結後30年経過したものから順次公開しています。

古文書は岡山県に関係する資料で、戦国時代の資料、江戸時代の大名や村役人の資料等様々です。

寄贈や購入、移管等により、所蔵となっています。寄託という借り受けの資料もあります。

Q2所蔵している古文書の一覧を見ることができますか。

A2ホームページから資料群の一覧を見ることができます。以下の手順を参考にしてください。

  1. トップページの検索窓の下(下画像参照)から、「古文書・資料群一覧」をクリックしてください。
  2. 古文書・資料群の検索結果一覧が表示されます。
  3. さらにクリックすると各資料群の詳細な情報が分かります。

Q3明治時代の寺院について調べています。資料はどんなものがありますか。また、ホームページ上の資料検索の方法を教えてください。

A3「岡山県各郡市神社寺院境内絵図」等の資料を所蔵しています。

詳細は、ホームページの「検索ページ」または閲覧室備え付けの「目録」や当館発行の「資料目録」でお調べください。

ホームページのキーワード検索では、寺名等の固有名詞を入力することもできます。

また、地名をキーワードにしても、その地名情報に該当した資料を検出することもできます。

該当資料が大量になった場合には、時代順の並べ替えやキーワードを追加すると良いでしょう。

Q4昔の新聞を閲覧することができると聞きましたが、いつ頃のものですか。

A4昭和20年までの県内発行の主な新聞の複製を所蔵しています。

山陽新報(明治12年~昭和11年)や中国民報(明治25年~昭和11年)、合同新聞(昭和11年~昭和20年)等が閲覧できます。

戦後の新聞やその他の新聞については、お問い合わせください。

Q5県内各地の昔の様子を写した写真はありますか。

A5昭和25年以降の岡山県の広報紙に使用された写真が約40万枚あります。

例えば、国民体育大会の開催や瀬戸大橋開通等の行事、事故や災害、花火大会や各地の祭りの様子等、様々な内容の写真があります。

また、県内各地の空撮写真もあります。

詳細については、お問い合わせください。

Q6先祖が岡山藩士でした。何か分かる資料はありませんか。

A6岡山藩の資料は、岡山大学附属図書館所蔵池田家文庫に、家臣に関する資料が多くあります。

代表的なものに、藩士(軽輩以上)の履歴・先祖の勲功を書上げた「奉公書」という池田家文庫の資料があります。

当館はマイクロフィルム版を備えており、奉公書については複製資料を作成しています。

コピーもできますので、ご利用ください。

Q7明治期の岡山県職員について調べています。職員録は所蔵していますか。

A7明治初年の岡山県職員は、記録資料館叢書『岡山県史料』に収録した「官員履歴」でわかります。

明治初年の岡山県分は1・3巻、小田県分は4・5巻、北条県分は6・7巻、明治9年の合併後の岡山県分は9巻に収録しています。

それ以降は、明治16・18・20~22・30年の職員録を現在所蔵しています。

調査方法について

Q1古文書を読みたいのですが、何か参考になる本はありませんか。

A1最近は、「くずし字」や古文書に関する辞書類が多数出版されています。当館の閲覧室にもあります。

この他にも、国語辞典、漢和辞典、地名辞典、歴史用語に関する辞典等も、解読の参考になります。

Q2岡山藩の「奉公書」を読みたいのですが、「くずし字」で書かれていてなかなか読めません。どんな内容が書いてありますか。

A2岡山藩の「奉公書」には、各家の先祖代々の事績が書かれています。

内容はだいたい決まっており、先祖の姓名、出仕した年月日、相続状況、禄高、履歴(格式、役職等)が書かれています。

同じくずし字が何度も出てくるので、慣れると読みやすい資料です。

一部の家の奉公書は既に解読刊行されており、参考になると思います。

当館の閲覧室にあります。

Q3住んでいる地域の歴史を調べたいのですが、どうやって調べたらいいですか。

A3どんな内容(人物、事件、史跡など)を調べたいか、そして地域に関係する資料はどんなものがあるか等、を具体的に整理しながら調査すると、取り組みやすいでしょう。

お住まいの地域についてまとめた自治体史(『◇◇市史』、『△△町史』等)があれば、参考にしてください。

県内の自治体史は当館の閲覧室にもあります。

Q4水島港の開発等、県が行った事業について調べたいのですが、どんな資料がありますか。

A4水島港の開発では、岡山県港湾課や消防保安課が作成した公文書、行政刊行物、写真、工業地帯の整備に尽力した三木知事の関係資料「新聞スクラップ」等があります。

これらの資料以外にも、岡山県が発行した統計資料や布達類、広報紙をそろえています。

詳細については、お問い合わせください。

Q5明治期に岡山県が出した法令を知りたいです。何を調べたらいいですか。

A5岡山県布告、岡山県布達、岡山県報という明治期に岡山県が出した法令集があります。

明治8年以降所蔵しています。

ご来館の上でご利用ください。

Q6戦後の岡山県庁の部署の変遷を調べています。どうやって調べたらいいですか。

A6近年(昭和48年度以降)分は、当館刊行物『岡山のアーカイブズ』3号(平成26年3月刊)の「岡山県庁の組織変遷」を参考にしてください。

それ以前のものは、岡山県『岡山県政史』昭和戦後編・昭和第3編で調べることができます。

資料の保存方法について

Q1我が家で古文書を保存しています。保存について、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。

A1特に、次のことに注意してください。詳細については、相談してください。保存状況に応じた管理方法をアドバイスいたします。

詳しくはこちらへ → 「古文書保存の豆知識

詳しくはこちらへ → 「岡山県立記録資料館だより 第9号」(平成25年9月発行)

  1. 取り扱い上の注意点としては、利用する前に手を洗ってください。
    シャープペンシルやボールペン、化学糊やテープ類、糊付き付箋の使用、コピー機による複写は古文書を傷める原因の一つです。
  2. 保存上の注意点としては、紙の状態を確認してください。
    きれいな状態であれば、収納箱に防虫剤(成分がパラジクロルベンゼンまたはパラジクロロベンゼンのもの)を入れて、定期的に風通し(直射日光は避けて、外気にあてる程度)をしてください。
    汚れている状態であれば、ホコリやゴミをはらって収納箱にしまいましょう。
    汚れの状態によっては、マスクや手袋などを使ったほうが良い場合もあります。
    もしも、ページが開けない、触ると紙がバラバラになる等の状態のものがあれば、無理に触らず、そのままの状態で別の入れ物に入れて管理してください。
  3. 保管場所は、ホコリや湿気の多い場所、直射日光の当たる場所を避けてください。
    また、温度・湿度の変化が少ない場所が適しています。